本文へ移動

睦建設のSDGs

Sustainable Development Goals
01
株式会社睦建設のSDGs宣言
株式会社睦建設
株式会社睦建設は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けた積極的な取り組みを行ってまいります。
当社は、静岡県富士市を中心に、土木・建築工事、外構工事などを通じ、地域に調和するやさしい生活環境づくりに努めてまいりました。これからも「未来の子どもたちへ誇れる仕事」をモットーに、私たちは事業活動を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み、SDGsの達成に向けて貢献してまいります。

2022年●月●日
株式会社睦建設
代表取締役 秋山 哲也

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

Sustainable Development Goals
SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球および繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
02
土木・建設業のSDGs

土木・建設業が取り組むSDGsとは?

土木・建設業とSDGsの関係
土木・建設業界は、人々が安心して暮らせる社会をつくるために住宅環境の整備やまちづくり、インフラ構築、省エネ、環境保護などに取り組んでおり、事業の理念そのものがSDGsに合致しています。

土木・建設業に期待されるSDGsの目標

GOAL8: 働きがいも 経済成長も
土木・建設業の取り組みは、すべての人々の良好な生活基盤の提供に貢献します。また、環境不動産の市場形成などにより新規雇用の創出と経済活性化に大きな貢献を果たします。
GOAL11: 住み続けられる まちづくりを
全世界的に都市化が進むなかで建設産業の果たし得る役割はますます大きくなっています。建設構造物は都市の基盤であるため、より良い構造物を長期にわたり利用できるようにすることで持続可能な都市の創出に貢献できます。
GOAL12: つくる責任 つかう責任
環境負荷抑制のために、構造物の設計者にも使用者にもその責任が問われます。例えば、構造物の長寿命化と効率的な利用で、資源の利用効率を向上させることができます。
03
株式会社睦建設が取り組むSDGs
当社では、従業員一人ひとりが企業活動とSDGsのつながりを理解し、普段の業務のなかで取り組みを実践しています。
GOAL3 すべての人に健康と福祉を
  • 全従業員が、年1回健康診断を受け、健康管理を徹底します。
GOAL7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 作業中もCO2排出、騒音をできる限り軽減させます。
  • 外構工事の際は、植樹をおすすめしています。
GOAL8 働きがいも経済成長も
  • 性別、年齢にとらわれない雇用促進
  • 会社も、職員も成長できる環境づくり
GOAL11 住み続けられるまちづくりを
  • どんな小さな仕事でも、親切・丁寧・安心を心がけます。
  • 積極的に地域行事に参加し、協力します。
GOAL13 気候変動に具体的な対策を
  • 環境に配慮した重機や工事方法を選択します。(アイドリングストップ、超低騒音型、排ガス対策型など)
GOAL14 海の豊かさを守ろう
  • ご家庭に、下水道設置をおすすめします。
  • ゴミ分別をしっかりします。
TOPへ戻る